イデオロギーの終焉

資本主義諸国では社会が豊かになったことで、19世紀から20世紀初頭に生まれた古く壮大なヒューマニズムのイデオロギー(マルクス主義など)が効力を失ったとする論です。

社会学者のダニエル・ベルが1960年に刊行した『イデオロギーの終焉―1950年代における政治思想の涸渇について』で主張しました。

ベルによれば、政治的イデオロギーが「賢明な人々」の間では無関係のものとなり、将来の政治は現存するシステムの断片的な技術的調整によって行われるだろうとしています。

イデオロギーの終焉の英語

イデオロギーの終焉は英語で「The End of Ideology」です。


イデオロギーの終焉―1950年代における政治思想の涸渇について (現代社会科学叢書)

コメント

タイトルとURLをコピーしました