さ~そ

スポンサーリンク
さ~そ

ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークは、個人が互いに形成する社会的関係の複雑な網の目のことです。 ソーシャルネットワークには、家族の絆、友人関係、仕事上のつながり、あるいはSNSを通じたバーチャルな交流など、さまざまなものがあります。 また、ソーシャルネ...
さ~そ

世俗化

世俗化(secularization)とは、宗教の社会的、文化的重要性が低下する歴史的過程のことです。 現代世界では科学的、合理的思考が増加したことで、これまで主に宗教が提供していた実存的疑問に対する説明を代わりに提供するようになりました。...
さ~そ

消費者文化

消費者文化とは、お金を使った商品の購入を過度に重視したライフスタイルのことです。 消費者文化は、1920年代のアメリカでにおける急激な経済成長の間に増加し始めました。 20世紀には、市場で販売される商品がアメリカ人の生活を支配するようになり...
さ~そ

自己破壊的予言 / 予言の自己破壊

自己破壊的予言(Self-defeating prophecy)は、予言をすることで、その予言が起こらないようにする動きが生まれ、結果として予言したことが起こらない予言です。 例として、2000年問題があります。西暦2000年になるとコンピ...
さ~そ

シュミラークル

シュミラークル(simulacrum)は、「現実を別の表現で置き換えたもの」です。 シュミラークルという言葉は、プラトンの時代からありました。しかし、今日のような意味を持つようになったのは、20世紀に入ってからです。 ボードリヤールは、シュ...
さ~そ

ジェントリフィケーション

ジェントリフィケーション(gentrification)とは、ある地域に富裕層が流入することにより、家賃や資産価値の上昇などの経済的な変化が起こり、貧しい人々が追い出されるような、様々な変化のことです。 ジェントリフィケーションによって、犯...
さ~そ

生得的地位と獲得的地位

文化人類学者 R.リントンが生み出した分類です。 生得的地位(ascribed status)は、個人の努力では得られない、生まれ持った地位のことです。性や年齢、親の階層などです。 獲得的地位(achieved status)は、個人の能力...
さ~そ

社会的スティグマ

社会的スティグマとは、一般的にマイナスのイメージがあり、差別や偏見の対象となる属性のことです。 特に、特定の文化、人種、ジェンダー、知能、健康、障害、社会階級に関したものがスティグマになりやすいです。 具体的な事例としては、精神障害、ハンセ...
さ~そ

シャドウ・ワーク

シャドウ・ワーク(shadow work)とは、報酬の無い労働のことです。家事や育児などが代表的な例です。無償ですが、コミュニティや経済が機能する上では欠かせない仕事も含まれます。 イヴァン・イリッチが1981年に出版した同名の著書の中で提...
さ~そ

主我と客我

「主我と客我('I' and the 'me')」は、社会学者のジョージ・ハーバート・ミードが提案した用語です。 「客我(me)」は「自分の内面にある他人や社会の意見」で、「主我(I)」は「自分の内面にある他人や社会の意見に反応する自分」で...
スポンサーリンク