ら~ろ

リスク社会

近代産業社会では、以前の時代には知られていなかった多くの新しいリスクが生まれました。たとえば、地球温暖化に関するリスクがその例の1つです。このような多くの新しいリスクを生み出す現代社会をリスク社会と言います。 社会学者ウルリッヒ・ベッ...
あ~お

印象操作

印象操作は、ある一定の場面(表舞台)で他人の印象を操作することです。社会学のゴフマンが作り出した用語です。 ゴフマンは社会を表舞台(front stage)と裏舞台(back stage)に分けました。表舞台は、私たちが他の人の前で行...
あ~お

イデオロギーの終焉

資本主義諸国では社会が豊かになったことで、19世紀から20世紀初頭に生まれた古く壮大なヒューマニズムのイデオロギー(マルクス主義など)が効力を失ったとする論です。 社会学者のダニエル・ベルが1960年に刊行した『イデオロギーの終焉―1...
さ~そ

主我と客我

「主我と客我('I' and the 'me')」は、社会学者のジョージ・ハーバート・ミードが提案した用語です。 「客我(me)」は「自分の内面にある他人や社会の意見」で、「主我(I)」は「自分の内面にある他人や社会の意見に反応する自...
は~ほ

ホモ・ソシオロジクス

ホモ・ソシオロジクス(homo sociologicus)は、社会から与えられた役割だけを遂行する、受け身的な人間のことです。 与えられた役割から距離を置く(役割距離)こともないので、自発性に乏しい受け身の人間というマイナスのイメージ...
や~よ

役割距離

役割距離(role distance)は、特定の立場にいる人が、その立場に期待される役割(役割期待)からずれた行為をすることで、役割から距離を置くことです。 社会学者のアーヴィング・ゴッフマンが提唱した概念です 役割距離の例 ...
や~よ

役割期待

役割期待(role-expectation)は、特定の立場(役割)の人が、集団や社会から「~すべき」と期待される行動のことです。 この役割期待からずれた行為をし、期待される役割から距離を置くことを役割距離と言います。 役割期待の例 ...
さ~そ

準拠集団

準拠集団(reference group)は、人の価値観や判断、行動に影響を与える集団のことです。 例えば、学校の友達がみんなスマホを持っているのを見て、自分も欲しくなったとします。これは、学校の友達が準拠集団で、その影響を受けたため...
か~こ

ガラスの天井

ガラスの天井とは、能力の高い女性が成果を出しているにもかかわらず、組織内で昇進ができないことです。これを昇進を妨げる「目に見えない天井」と比喩的に表現しています。 また、現在では女性に限定せず、マイノリティの昇進を妨げる壁としても用い...
た~と

第一次集団

第一次集団(primary group)は、日常的に直接顔を合わせ、お互いに一体感や連帯感のある集団のことです。具体的には、家族や仲間、近所の人たちなどのことです。 そして、このような集団において、人間の社会性などが形成されます。 ...
タイトルとURLをコピーしました